人と話す時に緊張しない方法

人見知りを克服して彼女ができた男性

人と話す時に緊張しない方法【一対一の会話編】

緊張して顔がひきつる男性

 

「人と話す時に緊張する、震えたり、顔がひきつる」

 

失敗して変なやつと思われたくない、恥ずかしい思いをしたくない。

 

 

このような感じで他人と話すときに緊張してしまう人は、相手のことではなく、自分のことを考えています。

 

なので意識を自分ではなく、相手に向けることで緊張をやわらげることができます。

 

 

また人と話すときに緊張するのは、相手から悪い評価を受けたくないという気持ちの表れでもあります。

 

家族が相手だったら緊張しませんよね?

 

それにも関わらず、他人の前だと緊張するのは、家族は自分にとって近い存在だから嫌われないからです。

 

 

逆に知らない人になればなるほど緊張するのは、相手から嫌われないか心配する気持ちが強くなるからです。

 

今回はスピーチ、プレゼンなど、大勢の前での発表だけではなく、一対一の会話でも緊張する人のために改善方法を解説します。

 

 

◯◯と思われたくない気持ちが緊張を生んでいる

 

緊張して焦る男性

 

先ほど書いたとおり、相手から悪い評価を受けたくないという気持ちが強いほど緊張は強くなります。

 

  • つまらない
  • 空気が読めない
  • 自己中心的
  • ワガママ

 

 

↑のように「◯◯な人と思われたくない」、ダメな自分を知られたくない気持ちが、あなたを緊張させるわけです。

 

なのでまずは「自分はなにを恐れているのだろう?」と自問自答して紙に書き出してください。

 

 

  • 嫌われたくない
  • 笑われるのが心配
  • バカにされたくない
  • 楽しく喋れるか不安
  • なにを話せばいいのか分からない

 

 

このように紙に書き出すことで、コミュニケーションのときに緊張する原因がみえてきます。

 

幼少期のトラウマだったり、自分が恐れてることがわかれば対策もできますし、緊張感を減らすことができます。

 

 

自分を受け入れるマインドが大切

 

ハートをもつ女性

 

当然ですが自分の悪いところ、見られたくない部分をすぐに治せたらいいのですが、性格というのは一朝一夕では直りませんよね? だから我々は短所をみせないように隠そうとします。

 

でもハゲをカツラを隠そうとするほど、カツラとバレるように、自分の良いところも、悪いところも、いずれは相手にわかるものです。

 

なので自分の悪いところを認めてあげましょう。

 

そして悪いところを隠すのではなく、長所も短所もふくめて自分だと認めてあげてください。

 

自分を許して、受け入れることで、崩れていたバランスが正常になり、緊張がウソのように直るケースもあります。

 

 

意識を自分ではなく相手に向ける

 

カップル

 

先ほどはメンタル面へのアプローチだったので、スピリチュアルっぽさが出てしまいました。

 

そこで今度はテクニック面から人と話す時に緊張しない方法を解説します。

 

 

人前で話すときに緊張する人は、話し相手ではなく、自分に意識が向いてるケースがほとんどです。

 

嫌われないか、変なやつと思われないか、つまらない人と思われたくないと考えてるうちに、頭の中がネガティブな気持ちで一杯になります。

 

少しでも沈黙になろうものなら「ヤバい…なにを話せばいいんだろう」と焦るわけです。そして手あせが出て、呼吸が浅くなり、体がこわばってきます。

 

このように自分に意識を向けるとドンドン緊張してしまうので、話し相手の表情、ジェスチャー、話の内容に意識を向けるようにしましょう。

 

そうすることでネガティブに考えることがなくなるため、緊張がやわらぎ、手あせ、体のこわばりも直っていきます。

 

 

対人恐怖症かもしれません

 

女性

 

コミュニケーションのときに過度に緊張する場合、対人恐怖症を疑いましょう。

 

震え、顔が赤くなる、胸が苦しい、息苦しくなる、頭痛のように体に症状がでる場合は対人恐怖症の可能性があります。

 

いままでずっと人見知りと思ってたけど、フタを開けたら対人恐怖症だったということがありますので、「もしかして…」と思った方は対人恐怖症チェック診断をやってくださいね♪

 

対人恐怖症は人見知りに比べると症状が重くなるので、緊張のせいでコミュニケーション、人間関係がうまくいかない人は必見です!

 

 

まとめ

 

人と話す時に緊張しない方法についてまとめます。

 

重要ポイント

 

  • 相手から悪い評価をうけることを恐れている
  • ◯◯な人と思われたくない気持ちが強い
  • 長所も短所もふくめて自分だと認める
  • 意識を自分ではなく相手に向ける
  • 対人恐怖症の可能性もある

 

 

人前で緊張する人は相手から悪く思われたくない気持ちが強いのです。なので手汗をかいたり、動悸がしたり、どもったりするわけです。

 

人間はだれしも長所、短所がありますので、短所も自分の一部だと認めてあげましょう。じっさいは自分が思ってるほどたいしたことがない短所がほとんどですので。

 

また会話のときに自分に意識を向けすぎると余計に緊張しますので、相手の表情・しぐさ・ボディーランゲージ・会話の内容にフォーカスしてください。

 

極度の緊張しいの場合、対人恐怖症の可能性もありますので、対人恐怖症チェック診断をやってくださいね♪


 

人見知り・口下手克服教材ランキングBEST3

私が実際に購入した会話力の改善マニュアルを
独断と偏見でランキング形式にてご紹介!

人に好かれる会話術【男女兼用】

人に好かれる会話術【男女兼用】

私が人見知りを克服した教材!

多くの書籍、マニュアルを読みテクニックを学びましたが、人見知りが改善されることはありませんでした。

よく「話し上手は聞き上手」と言いますが、相手が積極的に話す人じゃないと通用しません。なぜなら向こうが話してくれないとうなずいたり、オウム返し、リアクションを取るテクニックは使えませんので。

その「話し上手は聞き上手」という常識をくつがえすのが、人に好かれる会話術【男女兼用】です。このマニュアルでは相手が積極的に話すタイプじゃなくても会話を弾ませる、魔法の話術を学ぶことができます。

私はこのマニュアルのおかげで人生が変わりました。「暗い」、「一緒にいてもつまらない」、「喋らないのでなにを考えてるのか分からない」など悪く言われることが多く、会社でも恋愛でも損をすることが多かったです。

そんな損ばかりの人生、人見知りで口下手な人間として損をする人生から脱出して、一発逆転することが出来たのです!

・本当に人見知りを克服できた!
・常識をくつがえす魔法の話術を学べる
・90日間のサポート&全額返金保証あり


⇒公式サイトはこちら


⇒詳しいレビューはこちら


ユニバーサルコミュニケーション
ユニバーサルコミュニケーション

動画と音声コンテンツ主体!

書籍で書かれてる内容がチラホラとあり、「人に好かれる会話術【男女兼用】」と比較すると見劣りするように感じました。

また購入から90日経過しても会話力に大きな変化がなかった場合しかサポートを受けられません。ちなみに「人に好かれる会話術【男女兼用】」は購入後すぐにサポートを受けられます。

ダイエット、筋トレなどがそうですが、最初が一番モチベーションが高いにも関わらず、そこでサポートを受けれないのは痛いと感じたので、2位にさせていただきました。


・書籍で見かける内容がチラホラあった
・購入してから90日経過しないとサポートを受けれない


⇒詳しいレビューはこちら


好かれる人の会話術

・価格が安い
・1位の教材と比較してボリュームが3分の1以下


⇒詳しいレビューはこちら

関連ページ

スキル不足が原因?
コミュニケーション能力がないと思ってたのは間違いだった。
向上させる方法
会話が苦手で内気な人がコミュニケーション能力を向上させる方法を解説
鏡の法則とは
会話術、話す技術、聞き上手になるコツの情報、人見知り克服、コミュニケーションについてのサイト。
質問で使える5W1H
5W1Hを使い質問して会話をふくらませる時の例文を紹介。
内向的な人との接し方
人見知りのあなたが内向的な人と接する時のコツ
コミュニケーションをとる方法
コミュニケーションをとる方法を解説。6個の会話テクニックも紹介
知ったかぶりはうざい
趣味がない男が会話をする時、知ったかぶりはうざいので要注意!
大切なことはたった一つ
コミュニケーションをとる上で大切なことを解説します。
雑談できない人へ
雑談に苦手意識がありムダに感じてるからコミュニケーションが上手くいかない若者へ
世間話が苦手
雑談や世間話が苦手で出来ない人はネタ不足が原因ではないので克服方法を伝授!
何を言ってるのかわからない
何を言ってるのかわからないと仕事で言われる人は病気なの?コミュニケーション能力の問題?
話の腰を折る人
あなたは話の腰を折る人になってませんか?心理と対処方法を解説
人生がつまらない
人生がつまらない社会人から脱出する方法を解説
家庭訪問での会話術
人見知りが家庭訪問ですべき話題と質問内容
自分を見つめ直す方法
自分を見つめ直す方法を自己分析7ステップのワークで教えます!
友達いない人の特徴
友達いない男女の11の特徴を解説

トップページ プロフィール おすすめ教材 目次 お問い合わせ